HOME

【梅シロップ作りの再利用】しわしわになった梅には使い道があります!

梅雨になって,梅を購入。

梅シロップを作ったけどまだまだ物足りない!年に一度しか買う機会のない梅を折角買ったのだから,梅シロップの残りを有効利用したい!

この記事では梅シロップの残りを使った梅ジャムの作り方を紹介します。

梅ジャムの作り方

材料はこれだけ

つけた後の梅

水 梅がギリギリ浸かる程度

グラニュー糖 梅の重量の30%

※穴なしの梅の実はしわしわになりすぎたので今回は穴ありのふっくらとしたもののみ使用していますが,しわしわになったものでも刻んで使うことができます

 

①シロップから梅の実を取り出して鍋に入れ,ひたひたの水を張って弱火で煮る。

②途中で灰汁をすくいながら10分ほどコトコト煮る。(途中で水が少なくなったら足す)

③梅の実がやわらかくなったら火を止めて粗熱をとる。(煮汁は捨てないでね!)

④包丁を使い,種を取り出して粗く刻む

⑤重さをはかり,その30%のグラニュー糖と煮汁を加え,火にかける。

⑥弱火で絶えずかき混ぜながら煮詰めていく

⑦少し緩く感じる程度で止めて,煮沸消毒してよく乾かした瓶に詰める

 

シロップにエキスが出たあとですが,甘酸っぱくておいしいジャムが作れます!

シロップを作った際は捨てずに,ぜひジャムにも挑戦してみてくださいね!

 

ポイント

・砂糖の量は30~50%で調整してください。お好みで増やす際は,すでにシロップ漬けになって甘いことをお忘れなく!

・梅の実を先に刻んでから加熱する方法もあるようですが,このレシピでは,実を取り外すのが大変なので先に丸ごと煮る方法をおすすめしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

Nami

管理栄養士の資格を取得 病院に就職後,現在は転職し保育園の栄養士として働く。 毎日を楽しく過ごすべく,生活の中での”気づき”や”工夫"を日々模索しています。 季節感を大切に。

-HOME

© 2021 Hana Rivi